ホストの売り掛けが原因で裁判に。体験談といますぐできる対策




あなたはホストでの売り掛けで裁判になると悩んでいますね。

ホストとの売り掛けで裁判になった場合逃れられません。

正しく対策する必要があり、問題を放置しておくと後々大変なことになります。
今回はそんな問題を解決した方々の体験談をお送りしますね。

ホストとの売り掛けでいざこざ、裁判?弁護士?の体験談1

質問

昨年ホストで11万の売り掛けを作りましたがお金がなくて支払うことができません。

たった11万と思われるかもしれませんが本当にお金余裕なくて無理なんです。

昨年の12月31日までに支払いが出来ないなら、5日ごとに10%利息払うなら待つと言われています。
売り掛けのサインなどは一切しませんでした。
免許証のコピーは以前取られましたが今はその住所には住んでいません。
ラインに証拠は残っていると言います。
裁判になりますか?
弁護士を挟んだ方がいいでしょうか?

回答

たった11万なのでどうにでもなりますよ。

わたくしなんか1桁違いましたよ。
数社から裁判起こされ債権が確定しても払わない

30%の支払いで和解(裁判外の)したら先輩に怒られました。

「たった11万」どころではないですよ

ホストでの売り掛けで裁判所から通知の体験談2

質問

ホストクラブでカケをしたお金の請求がきたのですが払えませんでした。

裁判所から支払督促がきて異議申し立てをします。

売り掛けでお店から飲み食いした明細書も無いし契約書みたいなものにもサインもしてない何も証明する物が無いのに払わないといけませんか?

回答

免許証とか保険証のコピーとられませんでしたか?
住所確認しないホストも悪いとおもいますね。
そんなの飛ばれても仕方ないです

何もサインしてないなら、飲んでません!って言っちゃえばすむことですね!

そのホストがバカだったので支払わなくてもいいのでは?

ホスト売り掛けで裁判の体験談3

質問

売り掛け金約40万円の返金を拒まれているんです。

店への入金は自分の給料から立替えてその分を本人から何とかして回収したいんです。

借用書は書いておらず、半同棲していたので相手方の住所は分かっておりさらに家の鍵を所有しております。
相手が仕事に行っている間、家に入る事も可能です。

預金口座に貯金はありませんので法的措置に踏み込んだとしても、支払い能力がないとされ徒労に終ってしまう可能性があります。
家の家電製品等を差し押さえたりすることは可能なのでしょうか?

本人の言い分としては、構ってくれない、扱いが悪いので返さない、とのことです。

回答

裁判で勝訴したら債務名義が取れて、そうすれば動産も強制執行が可能ですよ。

しかし、家電製品などは大半が日常生活に必要な物として差し押さえ禁止です。
最低限借用書くらいはかかせないと。

ホストの売り掛けで裁判ざたになることもあるのですね。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です